最近機器で誰よりも早く捜索|魚群探知機があれば漁獲高が大幅UP

男性作業員

定期的なメンテナンス

クレーン

建設現場において大型重機として用いられているクレーン車は、大きな鉄鋼や砂利などを運ぶ際に用いられます。他の重機よりも荷重に対する強度があるので、まとめて資材を運びたい時に役立つことでしょう。ただ、このクレーン車も使い続けていれば、時間の経過や負荷によって劣化していきます。ですから、それがダイレクトに性能へ影響することが懸念されるのです。
ここで必要になるのが、安全に動作するようになっているかどうかを調べるクレーン車の点検。クレーン車のような大型の重機は、安全に使用することが求められていて法定点検として1年に1回は事業所が行なうことが義務化されています。ですから、使用有無に関わらず、各パーツの劣化と動作確認を行ない常に安全な状態にしておくことが求められるのです。

クレーン車の点検をする際には、事業者側が行なう自主項目が設けられており、チェックシートもあります。ただ、自主項目だけでは見つけられない箇所や設備もあることから、業者のメンテナンスを受けることも必要とされます。クレーン車を動かすために必要な電気性能部分は、異常値にあるかどうかを判断することが難しい部分です。その為、ノウハウを持っている専門業者に依頼をした上で安全な状態にしておくことが必要でしょう。
また、専門業者の場合は、ゴムパッキンや電池の消耗などが見られた箇所は、交換対応をしてくれます。点検というチェック部分だけではなく、安全に利用する為の対策として役立つサービスなので活用していきましょう。