最近機器で誰よりも早く捜索|魚群探知機があれば漁獲高が大幅UP

男性作業員

設置する場所で変わる

女性作業員

輪状のベルトを回転させてモノを運搬させるベルトコンベアーは、製造業において切っても切り離せないものでしょう。ゴム製のベルトが規則正しく回っていて、その上にモノを乗せると自動で移動する仕組みになっています。このベルトコンベアーが誕生したのは、19世紀ごろ。その当時は、ゴム状のベルトではなくスチール製のものが使われていたと言われています。
工事現場や製造現場などでは、あらゆるモノを移動させて流れ作業を行なう場面が多いです。このような時にベルトコンベアーのような特殊機械が大いに役立ち、現代まで親しまれています。

今でも活用されているベルトコンベアーは、昔から基本的な仕様は変わっていないものの、その機能性や装備は大きく変わってきています。特に、業種ごとに適した特殊機械が増えており、用途に合わせて選べるようになっています。例えば、食品を乗せるのに最適なサイズと抗菌仕様になっているものも、砂利を運んで仕分けすることができるものもあります。いずれもサイズ間が大きく異なるので、一度確認した上で最適なベルトコンベアーを選ぶといいでしょう。
また、ベルトコンベアーを設置する場所によって、平坦か傾斜をつけるかが変わってきます。特に後者の傾斜をつける場合は、モノが滑り落ちない傾斜搬送用ベルトであるかどうかを確認しておくと良いかもしれません。作業用の特殊機械を選定するなら、実際に作業で使う場面を想定した上で選ぶようにしておきましょう。