最近機器で誰よりも早く捜索|魚群探知機があれば漁獲高が大幅UP

男性作業員

加工する素材で変わる

男性作業員

2つ以上の素材を繋げる時に行なわれる溶接は、溶接機を使用する接合技術を行ない作り上げられます。モノづくり大国である日本は、この溶接機を使用した接合技術に長けており、その匠の仕上がりが世界からも評判になっているほどです。
この素晴らしい技術は、ひとえにその接合技術を持ち合わせている職人の腕によるところが大きいでしょう。実際に誰でもできる加工ではなく、作業自体も非常に危険を伴うものもあるので、限られた職人だけができる作業です。ただ、この職人だけではなく、高性能な溶接機があることも忘れてはいけません。繋げたい部品を綺麗に接合するには、素材に合わせた加工を施す事が必要であり、この特殊機械が役立つのです。

溶接機の中でも広く行なわれている接合技術と言えば、アーク溶接。ドキュメンタリーやドラマなどの町工場が映し出される時に見る火花がバチバチとする加工です。このアーク溶接で発せられる火花は、素材を溶かす為に溶接機が高温状態に熱されているからです。だいたい、5,000~6,000度にまで達すると言われるその温度で瞬時に素材を溶かし、接合していきます。イルミナイト系やライムチタニア系など広い素材に用いられる技術ですが、その他にも場所を選ばず溶接機を使用することができることが魅力とされています。
というのも、ガスが発生するティグ溶接や半自動溶接の場合、換気機能が十分ない設備だとできないので屋内での作業が限られてきます。一方、アーク溶接の場合は、専用の溶接機と安全に作業が行なえるだけの広さを有した場所であれば、屋内・屋外に関わらず作業ができるから製造業で人気を集めています。