最近機器で誰よりも早く捜索|魚群探知機があれば漁獲高が大幅UP

男女の作業員

加工する素材で変わる

男性作業員

溶接機を使った匠の加工は、アーク溶接が主流で多くの製造業で用いられています。火花がバチバチする加工なので安全な場所で行なう必要がありますが、ガスを使った溶接よりも場所を選ばないので職人に人気があります。

Read More...

魚の群れをキャッチ

海中

主に漁業を運営している会社にとって、いかに漁獲高を上げるかが課題です。今までは天候や潮の流れなど自然を読み解き、捕獲できるスポットをいち早く探し当てることが当たり前の世界だったでしょう。しかし、時代の流れに伴い、そうしたアナログな手法ではなく、レーダーで魚群を見つけることができる魚群探知機を使用する方法が主流となっています。特殊機械を使うだけで魚の群れを発見するなんて、マジックみたいでにわかに信じられない人もいることでしょう。しかし、魚群探知機は魚群を見つけることができる特殊な超音波を発し、その反射分布でどの位置に群れがいるかを特定することができます。最近機器で誰よりも早く捜索しましょう。

魚群探知機から発せられる超音波は、魚の群れを発見すると微弱な反射波を返します。これがレーダー上に反映されて、わかりやすい分布図に位置するのです。おおよその水深はカラーで色分けされているので、その位置で特定することができます。これによって、大きなハズレを引くことなく、確実に漁獲高を上げることができるのでしょう。ただし、魚群探知機は確実に魚の群れだけに反応するわけではなく、海にできる気泡に誤って反応するケースもあります。つまり、船を移動させている最中に使うと、誤動作をしてしまう可能性があるので気をつけて使わないといけません。特にスクリューによる気泡が紛れ込むと、それまで探知していた魚の群れも途絶えてしまうこともあるので使用時に注意しておきましょう。

設置する場所で変わる

女性作業員

モノを円滑に運んでくれるベルトコンベアーは、食品業界から建設業界まで、幅広い業界で利用されている特殊機械です。最大限活用するには、運搬するモノや設置する場所を考えた上で選ぶことが大切です。

Read More...

定期的なメンテナンス

クレーン

建設現場で用いられている大型のクレーン車は、法定点検が必要です。1年に1回、装置の電気性能や劣化診断を受けた後にメンテナンスをすることが求められるので、専門業者に依頼しましょう。

Read More...